大型プラントの配管工事を手掛けます

プラント配管とは、製鉄所や化学工場などで使用される様々な配管のことです。各種配管は上下水道に始まり、高温の熱湯・酸素・多種のガス・製造に必要な液体が流れます。

プラント配管の特徴として、圧力・温度・配管系統の各種弁・流量計・レジューサー等の機器が設置されています。またポンプにより起こる振動、流体ごとに違う流速が原因で発生する流体騒音、キャビテーションその他様々な現象があり、工事には通常配管とは異なるノウハウが必要になります。

配管設計においても管の材質・寸法・レイアウトの構築、流体を送るためのポンプやモーターを組み合わせた高度な設計を要求され、一般的な給排水工事・空調工事・消防配管工事とは別物として認識されています。

現地調査から検査まで一貫して行う「多能工集団」

横建の特徴のひとつが一気通貫でプラント配管工事を手がけること。

 

・現地調査に入り採寸

・図面製作

・確認していただいて図面承認

・材料発注

・材料加工

・鳶足場組み

・機械据付

・溶接工事

・配管工事

・塗装

・検査

 

こういった流れですべての業務を一社で担います。

これにより

 

・複数の会社に発注する手間

・工期の管理

 

などの煩雑さを解消できます。

job

主な取扱配管

・SGP管

・ステンレス管

・銅管

・エンビ管

・埋設管

その他

大型プラントの配管工事を手掛けます

主な取扱流体

・工業用水

・工業用油

・酸

・溶剤

・窒素

その他

事業エリアについて

・広島県福山市内

・広島市内

その他広島県下や他方のお仕事依頼についてはお電話、またはお問い合せページからご相談ください。